プログラミング初心者入門講座(携帯版)

プログラミングとは?

プログラミング(programming)とは、プログラム言語を使って、コンピューターのプログラムを作成することを言います。

プログラミングは、人間が考えている通りに、コンピューターを動かすための命令を書く作業です。

プログラムを書く作業を、「コーディング」ということもあります。

また、プログラミングを行なう人のことを、「プログラマー」と言います。

通常プログラムは、一度で完成することは少ないです。

完成までには、プログラムの動作テストや、デバッグを何度も繰り返します。

デバッグとは、バグ(誤り)を取り除くことです。

プログラミングを習得するには、いろいろ学ぶことが多いです。

プログラミング言語の文法を覚えることはもちろん、アルゴリズムや論理式などについても知る必要があります。

プログラミングというと、なんか最新技術のようですよね?

実はプログラミングの歴史は古く、1206年という説や、1801年という説もあります。

当時は、プログラム(巻紙)を入れ替えることで、機械の制御ができる仕組みでした。

今のように、コンピューターにプログラムを実行させるようになったのは、もう少しあとのことです。(1940年代)

どちらにしても、プログラミングの歴史は、かなり古いことがわかります。

プログラムを入れ替えることはできませんが、日本の「カラクリ人形」や「オルゴール」なども、機械の制御ができる仕組みの一つです。

つまり、プログラミングは意外と身近なものなのです。


プログラミング入門 TOPへ戻る